Warning: strpos() [function.strpos]: needle is not a string or an integer in /home/users/1/sub.jp-wedo/web/blog/index.php on line 61
raku / nikki - 強盗するよりは株に投資!― 中国はバブルなのか?
raku / nikki
強盗するよりは株に投資!― 中国はバブルなのか? 
月曜日, 9月24日, 2007, 09:33 PM - 楽・チャイナ
今日、半年ぶりに、親友と会った。
彼女は、10年前に、中国では自家用車がまだお金持ちの象徴の時から、既に車を乗っていた、つまり、世間一般によく言われる中国の富裕層の典型だ。

挨拶を交わしたら、彼女がすぐに基金(ヘッジファンド)と株の話を持ち上げた。
彼女自身が日本円にして1000万円以上をファンドに投資しており、お父さんが何百万円の株を買っている。昨年から倍近く儲けたらしい。最近は、上がり調子が少し落としたが、それでも、30%を狙っているという。

この投資熱を表現する笑い話がある。一応中央テレビに報道された事実なのだ。
ある地方都市の繁華街にこんな宣伝スローガンが書かれてだ。
「強盗するよりは株に投資!」

署名は市公安局なのだ。

何を言っているかわかる?
テレビ局のアナウンサーがこうコメントした。
「このスローガンで言えことは…
1.この都市の犯罪率が高い。
2.この都市の公安局のレベルが低すぎ。馬鹿なスローガンだ。
3.今の株市場の熱さ。要は、株での儲けは、強盗より早くてイージーのことだ。」

お昼の時間になった。
私は、今日、いろいろやってくれたから、ランチをご馳走するよと言ったら、彼女が笑って、「あなたより稼いでいるから、私はご馳走するの」。きっぱり断れちゃった。

食べながら、不動産の話に入った。
今、北京市内のマンションの平均価格は約20000人民元以上(約32万円)/平米。3年で3倍になった。
今年3月、妹が北京の一等地にある新築マンションを一平米21000元の価格を買ったが、ただ半年後の今、既に30000元を超えました。

北京市民の中には、昔、国から分配されたアパート1、2軒を持っている世帯が少なくない。いつの間にか、この古アパートでも、100万元、200万元(約2、3千万円)の値段に付いてしまった。一夜にして、大金持ちになった感じでしょう。だから、先月の消費者物価指数が、約7%の上昇になった。

それで、また銀行金利が毎月のように上げている。先月普通預金3.8%に引き上げたばかりなのに、今月更に4.1%にした。このお蔭で、父が毎月、預金を下ろしたり預けたりして忙しかった。

一ヶ月後、中国第17次全国人民代表大会が開く。今回のテーマは、「人民の生活」だと言われている。土地税が下げる決定がこの大会でアナウンスされると噂で聞いている。政府調節といったいつもの手で、バブルのはじけを防げるか、世界に注目されているでしょう。
コメントを書く ( 1227 views )   |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |   ( 2.7 / 2171 )

<< <Back | 1 | 2 | 3 | Next> >>