raku / nikki
普シ耳茶 
木曜日, 2月28日, 2008, 11:40 PM - 楽・ライフ
今、北京では、ハイ層の人の間に、普シ耳茶が一番人気な贈り物になっているそうだ。
一昔前は、ワイン、その前は、コーヒーだった。
贈り物の流行はその時代の思想を映っている。豊かになった中国人が民族文化を再発見した。
私も周りの人に影響され、つい最近、普シ耳茶のファンになった。

普シ耳茶が、ざっくり言えば、熟茶と生茶の二つ種類がある。製造工程がまず違う。(どこがどう違うか、よく分からないが)、生茶はほぼ新茶に近い、一方、熟茶が酒みたく、古ければ古いほど、値段が高くつく。
私が好きなのは、この熟普シ耳。お茶の苦味が全くなく、飲みやすい。胃腸にとにかく良い。

先月北京で、通の中国茶坊に連れて行かれた。あそこのご主人は台湾出身で、何年前から、普シ耳茶をコレクションしているそうだ。
その日、ご主人が50年前、文化大革命の時代に生産された普シ耳茶を出して、招待してくれた。お茶というより、木の葉っぱみたい。聞いたら、やっぱり、野生の茶樹からとったもの。何となく原始林の木の香りがした。聞けないが、きっと高いでしょう。

普シ耳茶、是非お勧め!





107 comments ( 6588 views )   |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 1149 )
新春快楽 
水曜日, 2月6日, 2008, 12:22 AM - 楽・チャイナ
今日は、中国の春節(旧正月)の大晦日です。中国人にとって、一年中最も重要な日です。

この場を借りて、皆様に新年のご挨拶を申し上げます。

祝大家

鼠年大吉!
心想事成!
万事如意!


China Doll


北京の町飾り


China Red〜新春の飾りを買う人々
5 comments ( 19147 views )   |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |   ( 2.9 / 1546 )
中国の帰省ラッシュ 
火曜日, 1月29日, 2008, 10:15 PM - 楽・ライフ
そろそろ旧正月だ。
日本の帰省ラッシュと較べ、中国の帰省ラッシュが全然スケールが違う。
(それはそうだよね。そもそも、人口ベースが天と地の違いだから。)
汽車の切符売り場は、どこでも長い行列。

中国大陸の連日の大雪が里帰りの人々の足を止めてしまった。
汽車の運行が停止しているため、広州駅に、17万人が滞留されてしまったと、今日のニュースに報道された。殆ど出稼ぎ労働者だと思われる。
寒い中、かわいそうと思いながら、中国労働人口の大移動に初めて直観的に捉えることができ、かなりインパクトを受けた。


8 comments ( 4426 views )   |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 1194 )
スタイルからイノベーション 
日曜日, 1月20日, 2008, 03:26 PM
最近、何故か、著名なメークアーティストやスタイリストさんとのコンタクトが増えている。

サラリーウーマンだった私にとっては、全く別世界のような新鮮さ。

彼らと打ち合わせをする時、殆ど左脳を使わない。身振り手振りで、なんでもビジュアルに表現しょうとする。とっても面白くて楽しい。

その日、あのカッコウイイスタイリストさんは私のごくごく普通なOLがよく着そうな洋服をみて、こう言った。
「いままで絶対着たい服を着てみ、意外に合うかも。こんなグレーのセーターじゃなくて。新しい自分を発見するかもよ。」

彼のデザインを見ると、確かにそうだ。人、風景、アクセサリ、小物… 考えられない組み合わせでインパクトと興味深さを生み出している。

翌日、大バーゲンで、いつもなら絶対見ようともしない靴を買っちゃいました。結構受けた。

よし。これから、まずスタイルからイノベーション思考を磨こう、楽しく。
:)
8 comments ( 1085 views )   |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 904 )
大きく見せたい中国、小さくしたい日本 
金曜日, 1月11日, 2008, 01:26 AM
最近、中国のトップ名門校であるT大学とのビジネス商談で感じたことである。

T大学から研修の委託業務の相談が知り合いを通して来た。
私たちみたいなできたばかりのベンチャー企業にとって、大変ありがたい話なのだ。

懸命に作成した企画書を提出した。われわれの発想と企画に対してとっても喜んでくれたが、不満がただ一つ、言葉の表現が地味すぎる。

T大学の担当の先生が非常に親切で、類似サービスを提供している他社のパンフを寄せてくれた。「それらを参考してもっともっとアピールしなさい」と言われた。
「アピール」って、要は「大法螺を吹く」とのこと。中国語の俗語で言えば「吹牛」、上品な言い回しにすれば「セン(さんずいに宣)染」という。
(「セン染」:中国画の手法で、雰囲気を出すために色や輪郭をぼかす。−小学館「中日辞典」より。つまり、本来の姿をぼかして、真実を見えないようにする意味で使われているではないかと思う)
 
寄せられたパンフに書かれた講師たちの経歴を拝見したら、確かにすごい!そちらと較べると、うちが提案している慶応の名教授でさえ高校の先生のようにみえた。

これは今風の中国のビジネス習慣なのだ。真っ赤なうそではないが、「一」を「三」にみせることで、人の目を引きつけようとする。

謙遜社会に慣れた日本人がこのような中国人に騙されたり圧倒されたりすることが多いかと思う。

実は、中国人も謙遜が美徳だと思っているが、ビジネスになると、何故か変わる。競争が厳しい社会でとにかくチャンスをつかもうとするからでしょう。

中国人の一を三にするやり方に同意しない。しかし、日本社会に慣れた私がこのままでは、中国でのビジネスは絶対成功しない。中国の日系企業の認知度が低いのはこれが原因になっているかもしれない。

日本人は「アピール意欲」をもう少し高め、中国人はもう少し控えめにすれば、もしかして、日中関係がもっとスムーズに発展するかもしれない。

81 comments ( 1297 views )   |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 1002 )

<Back | 1 | 2 | 3 | Next> >>