raku / nikki
新春快楽 
水曜日, 2月6日, 2008, 12:22 AM - 楽・チャイナ
今日は、中国の春節(旧正月)の大晦日です。中国人にとって、一年中最も重要な日です。

この場を借りて、皆様に新年のご挨拶を申し上げます。

祝大家

鼠年大吉!
心想事成!
万事如意!


China Doll


北京の町飾り


China Red〜新春の飾りを買う人々
5 comments ( 19147 views )   |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |   ( 2.9 / 1547 )
起業家って、何? 
月曜日, 11月26日, 2007, 11:35 PM - 楽・チャイナ
中国市場に対するはじめての本格的な営業活動を臨んで、成田空港で手土産のお菓子を10個買った。

女性の店員さんが辛そうな表情で山盛りになった手提げ袋二つを中から持ってきて、足元に既に荷物がごろごろ置いてある私を見て、「すみません、ちょっと重いですから、大丈夫ですか?」

「大丈夫です。ありがとう。」と、大したことがなさそうな振りして、六個の荷物を肩や両手にして、全身の力を絞って、身軽そうなステップで店舗から出てきた。どうにかしてこの店員さんの哀れそうな視線から早く消えたい、恥ずかしい、と思った。

アメリカNorthWest航空が、荷物の重量管理が非常に厳しい。チケットが安いから、文句を言えない。オーバーウェート料金を惜しんで、本も靴もスーツケースから出し、全部手荷物にした。

やり取りしているうち、ファイナルコールになり、6つの荷物を抱え、搭乗ゲートに走った。

走りながら、ふっと思った。

今の私は、どのように映るでしょう。きっと、北京駅でよく見かける田舎から出稼ぎに来た農民みたいに違いない。リュックやカバン、荷物が体中を巻いているような人たちのイメージが頭に浮かんできた。

最近、自己紹介してから、「起業家、すごいですね。勇気がありますね」、よく“褒められた”。どう答えればいいか分からないので、「いいえ、全然」と返事するしかなかった。

「起業家」って、名前はカッコいいだけで、本質的には出稼ぎ労働者とは、そう違わないかな。何でもかんでも自分の手でやらなければならない、つもり、「白手起家」というところは、全く同じ。

いや、出稼ぎ労働者よりもっと惨めかも。労働者は、体をさえ使えば良いんだから、起業家は頭も使えなければならない。休みがない。

これを考えながら、腕や手が痺れそうになり、ようやく席についた。

飛行機が滑走路に走り出し、飛んだ。

下の灯火点々の都市を眺め、ほっと一息ついた。疲れ果てた体のお蔭か、意外と頭が冴えってきた。「さあ、営業活動、どうしようか。」

これは、「起業家」という職種のもう一つの魅力かも―「体力」と「脳力」の面白い釣り合い。

9 comments ( 2568 views )   |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 1437 )
中国で会社を創る・続編 
木曜日, 9月27日, 2007, 10:31 PM - 楽・チャイナ
10年前、まあ、5年前でも、外資企業を作ると言ったら、北京の政府機関に大歓迎されるでしょう。

今は、全く別な話。

あっちこっちに行って、ようやく外資系会社の設立プロセスを分かった。数えたら、全部で14ステップがある。
「人民元がどんどん上がって、その目処にして入る外資がある。だから、審査が大変厳しくなった。」商務局の担当がストレートが教えてくれた。

今日、待ちに待った商務局からの仮許可をもらった。(ただし、経営項目が全部直されてしまった。)。商務局は外資系企業が申請した経営範囲に対して審査する権威を持っている。この仮許可を持って、北京質量技術監督局で仮企業ID番号を申請する。またこの仮ID番号を商務局に知らせて、本物の許可をいただく。
中国の官僚システムがコンピューター・プログラムのようにできている。順番を間違えたら絶対だめ。

まあ、この14ステップを一通りやれば、投資コンサルティングをできるようになるかもしれないし、中国ビジネスの前菜だと思って、楽しもう。






7 comments ( 3013 views )   |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |   ( 2.9 / 1471 )
強盗するよりは株に投資!― 中国はバブルなのか? 
月曜日, 9月24日, 2007, 09:33 PM - 楽・チャイナ
今日、半年ぶりに、親友と会った。
彼女は、10年前に、中国では自家用車がまだお金持ちの象徴の時から、既に車を乗っていた、つまり、世間一般によく言われる中国の富裕層の典型だ。

挨拶を交わしたら、彼女がすぐに基金(ヘッジファンド)と株の話を持ち上げた。
彼女自身が日本円にして1000万円以上をファンドに投資しており、お父さんが何百万円の株を買っている。昨年から倍近く儲けたらしい。最近は、上がり調子が少し落としたが、それでも、30%を狙っているという。

この投資熱を表現する笑い話がある。一応中央テレビに報道された事実なのだ。
ある地方都市の繁華街にこんな宣伝スローガンが書かれてだ。
「強盗するよりは株に投資!」

署名は市公安局なのだ。

何を言っているかわかる?
テレビ局のアナウンサーがこうコメントした。
「このスローガンで言えことは…
1.この都市の犯罪率が高い。
2.この都市の公安局のレベルが低すぎ。馬鹿なスローガンだ。
3.今の株市場の熱さ。要は、株での儲けは、強盗より早くてイージーのことだ。」

お昼の時間になった。
私は、今日、いろいろやってくれたから、ランチをご馳走するよと言ったら、彼女が笑って、「あなたより稼いでいるから、私はご馳走するの」。きっぱり断れちゃった。

食べながら、不動産の話に入った。
今、北京市内のマンションの平均価格は約20000人民元以上(約32万円)/平米。3年で3倍になった。
今年3月、妹が北京の一等地にある新築マンションを一平米21000元の価格を買ったが、ただ半年後の今、既に30000元を超えました。

北京市民の中には、昔、国から分配されたアパート1、2軒を持っている世帯が少なくない。いつの間にか、この古アパートでも、100万元、200万元(約2、3千万円)の値段に付いてしまった。一夜にして、大金持ちになった感じでしょう。だから、先月の消費者物価指数が、約7%の上昇になった。

それで、また銀行金利が毎月のように上げている。先月普通預金3.8%に引き上げたばかりなのに、今月更に4.1%にした。このお蔭で、父が毎月、預金を下ろしたり預けたりして忙しかった。

一ヶ月後、中国第17次全国人民代表大会が開く。今回のテーマは、「人民の生活」だと言われている。土地税が下げる決定がこの大会でアナウンスされると噂で聞いている。政府調節といったいつもの手で、バブルのはじけを防げるか、世界に注目されているでしょう。
コメントを書く ( 1134 views )   |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |   ( 2.6 / 1921 )
おしゃれな大学カフェ 
金曜日, 9月14日, 2007, 11:17 PM - 楽・チャイナ
午前9:40工商局に着いたのに、既に午前中の受付が終わった。午後の受付を間に合わせるように12:00から受付番号を待たなければならないと言われた。

待ち時間、人民大学の校内の喫茶店へ。おしゃれな内装。大学生たちがPCを開いて勉強に励んでいる。日本の エクセルシオール でよく見られる風景。

カフェ・ショップの風景
オリジナルブランドのカフェ・ラッテ、甘すぎ、子供向けかな。


3 comments ( 1006 views )   |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |   ( 2.9 / 1424 )

| 1 | 2 | 3 | Next> >>